イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

立山の雲と星/その3

c0011862_8154021.jpg

そして振り返ると…雲海が!!久しぶりに見る雲海に感激。

c0011862_815522.jpg

小屋から左へ15分登り、剣御前山(つるぎごぜんやま)へ登頂。2792M。

c0011862_816060.jpg

ここからの眺めが絶景!!雲海はますます密度を増し、眼前に180度ひろがっています。

c0011862_816818.jpg

白いリンドウ。

c0011862_8163992.jpg

小屋まで戻り、今度は右手の山へ丘3つ越えて30分、別山(べっさん)に登頂。2874M。百高山。
北アルプスの山々が360度見渡せます。

c0011862_8195877.jpg

剣御前小舎の前へ戻る。
左下の谷底にあたる丸い窪地が、テント場です。まんなかへんのグレーのあたりが、地獄谷。室堂駅はその先の左側にあり、富山方面へのバスが走る道路が見えます。そしてその向こうに、雲海が広がっています。

c0011862_8165855.jpg

下山。眼下に見えるテント場までまっすぐの(といっても、くねくね行きますが)ルートで、1時間ほど。
これが、石がゴロゴロのガレ場で急坂で、歩きにくい!自分の体重+ザックの重みをささえながら、ころばないようにバランスをとりつつ下るのは本当に苦手。でも、登りもきつそうなので、登りがこのルートでなくて良かった!

c0011862_817899.jpg

もー必死です。もくもくと。

c0011862_8171846.jpg

テント場へ無事帰還。我々のテントからの眺めです。テント場の中にもお花畑が広がってます。向こうの山のまんなかへんが剣御前小舎、右のはじっこあたりが別山。あそこに行ってきたのねー。雲海、すばらしかったな。

その夜は、流れ星1つ数えて寝る。

c0011862_8173048.jpg

翌日はテント撤収して、来た道を戻る。暑いので、途中の小屋で食べたソフトクリームがおいしい事!一日何百個売れるんだろうというほど、みんなが食べてます。
トロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカー、黒部ダムを渡り、トロリーバスと乗り継いで、昼食を食べて駐車場へ戻る。
結局、ライチョウに会えなかったのが残念。
そして車で温泉へ。汗を流してスッキリ!いい夏休みでした。


長々と読んで(見て)下さって、ありがとうございました!SNSの時代だけど、やっぱりブログが一番好き。記録として残しやすいしね。いつも読んで下さってる皆さまには、本当に感謝です。





.
[PR]
by namima54 | 2016-08-17 19:57 | 登山/キャンプ