イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:本/映画/ライブ( 22 )

カミーノ巡礼コンサート

友人でアコーディオン奏者の岩城里江子さんが、スペインのカミーノ巡礼の旅から帰ってきてからもう1年。
700キロの道を33日間かけて歩く日々は、フェイスブックでリアルタイムで美しい写真とともに報告されていたのだけど(便利な世の中だ)、すばらしく濃い体験だったよう。その後の心境の変化も大きかったらしいけど、なかなかゆっくり話を聞く機会がなかったのが、このたびカミーノ巡礼コンサートをひらくと知り、聴きに行ってきました。


c0011862_19351522.jpg


会場は、千葉県流山市にある築130年の蔵、ギャラリー平左衛門。東武アーバンパークライン(別名東武野田線)に乗って、運河という名の駅で下車。ちょっとした旅でした。
蔵の横の茶房でランチを食べたあと、午後の部のコンサートが始まります。巡礼の写真を見ながらのトークは、臨場感たっぷり。ところどころで演奏されるアコーディオンとギターの音色にじんわりします。
途中休憩は、お庭の竹林で、ギターの音色を聴きながらお茶とスペインのお菓子ポルポローネを。この時間も良かった。
旅路は、各国の人々と出会って仲良くなったり、時にはひとりになりたくなったり、くじけそうになったり、吹っ切れたりと、大きな物語のようでした。1年たった今の心境は、「何が起こっても結局同じ。違いは解釈と見えてる世界の大きさだけ」だそう。
そうかもしれない、でも真に実感するのはなかなか難しい、深い言葉です。


c0011862_19352908.jpg


ギャラリー平左衛門の前は、駅の名のとおり、運河です。もっと人工的な川を想像してたけど、のんびりとしたいい川でした。
この近くにはコウノトリがいるらしいけど、帰りに見に行くのを忘れた〜。
ご一緒した友人と、柏でごはんを食べて帰りました。


c0011862_19345260.jpg







.





[PR]
by namima54 | 2017-10-02 11:00 | 本/映画/ライブ
c0011862_20355460.jpg

インドにある小さな出版社、タラブックス。
ネットでこの表紙を見かけた時、以前見せてもらったことがある魚の絵本を思い出した。
それは、手透きの紙にシルクスクリーンで刷られた手作りの外国の絵本で、色も手触りもとても美しかった。それと同時に、そんなに手間ひまかかる絵本が世界に流通してることが不思議だった。
そしてこの本はまさに、その絵本を作っている出版社を取材した本でした。

美しいハンドメイド本は今や世界中から注目され、増刷の注文もたくさん来てるけど、手作りで作ってるからそう早くは作れない。かといって、人を増やすつもりはなく、あえて「小さくあること」を選択してるのだそう(取材当時17人)。社員それぞれに気を配れる人数。働く人々がインタビューで「ここは家族みたいなもの」と答えていたのが印象的でした。
大きい会社だからできる事もあるけど、小さいからこそていねいに誠実に進められる、そういうやり方もいいなと思いました。
年内に、東京でもタラブックスの展覧会が予定されてるそうですよ。楽しみ!

「タラブックス」(玄光社)著者/野瀬奈津子・松岡宏大・矢萩多聞



.


[PR]
by namima54 | 2017-07-26 20:37 | 本/映画/ライブ

ニカさんとジャズ

雨の横浜市開港記念会館。
こちらで開催される、二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band のライブを聴きに行ってきました。

c0011862_10340338.jpg


この建物は重要文化財に指定されている、歴史的建造物。夜なので、全景がわかりにくいですが、すごく雰囲気のある素敵な建物です。中に入るのは初めて!

c0011862_10340698.jpg


中もすばらしい〜。

c0011862_10341089.jpg

そして、こーんな素敵な講堂でライブがおこなわれました!

ビッグジャズバンドと競演される、二階堂和美さん。パワフルかつしっとりした歌声とジャズの演奏を堪能しました。
特製のスカーフがくばられ、お客さんもステージの皆さんも、みんなどこかにそれを付けたのも一体感があって嬉しかったな。
帰りには、トルコキキョウのお土産もいただきました。

c0011862_10341351.jpg
(シワシワですみません)


二階堂和美with Gentle Forest Jazz Band「お別れの時」
今回のステージでは、黄色のマントにハットにパンツルックと、マジシャンのような?衣装でした^^

「女はつらいよ」
ジャズアレンジではない、いつものニカさん。




.


[PR]
by namima54 | 2016-11-29 11:40 | 本/映画/ライブ

文房具少年

以前、友達の息子くんが文房具マニアで、夏休みの宿題で書いた文房具図鑑がネットですごいと評判になり、テレビでも紹介された事をちらりと書いたと思いますが、なんとなんと、出版社からオファーがきて、書籍化されました!!
「文房具図鑑」山本健太郎・著(いろは出版)

c0011862_8465162.jpg

その母である友人は、私のデザイン学校時代の同級生で、イラストレーターでコラージュ作家の石坂香さん。健ちゃんがまだ小さい頃はランチにも連れて来ていて、私たちがおしゃべりしている横で、もくもくと絵を描いていました。その絵が、架空の街をこまかく描いたもので、うまくてびっくり!でもまさか、小学生で本を出すとはねえ。将来の夢は漫画家だそう。
久しぶりにテレビで見たらすっかり大きくなっていて(本当に)、小学校6年生で身長170cm以上!学年でもダントツで大きいみたい。この春から中学生です。

テレビ番組「スッキリ!」「ビビット!」「所さんの目がテン!」や、朝日新聞などでも紹介されたので、見た方もいらっしゃるのではないでしょうか。
文房具の絵や情報はとてもこまかく書かれていて、突然クイズコーナーがあったりマンガのページが出てきたり、子供らしく漢字の間違いがあるのもほほえましい。
もともと出版目的で書かれたものではないので、素直な感想やツッコミもいい。ページの下に、各文房具メーカーさんのコメントも入っていて、解説の補足やツッコミに対する返事(?)も書かれています。
あきらかな間違い以外は、変にいじらずそのままのかたちで出した出版社さんもすごい。

詳しくは、文房具ライターきだてたくさんのインタビュー(←おもしろいよ)や、いろは出版のブログを見てね。

c0011862_847375.jpg



.
[PR]
by namima54 | 2016-04-08 08:49 | 本/映画/ライブ

ワニさんの珈琲本

さすらいの珈琲焙煎人、中川ワニさんが奥様と共著で本を出され、その出版記念パーティに行ってきました。
おいしいお料理と飲み物、そしてもちろん、ワニさんの淹れた珈琲もいただきましたよ。

c0011862_184622.jpg


「とにかく、おいしい珈琲が飲みたい」中川ワニ・中川京子 著(主婦と生活社)
ワニさんとの暮らしの中で珈琲に深くかかわっていく、京子さんの視点がおもしろい。
まずは自分の好きな味を知ること。そこからがスタートのようです。

c0011862_1846114.jpg

c0011862_18462075.jpg

c0011862_19305429.jpg

[PR]
by namima54 | 2015-11-28 20:23 | 本/映画/ライブ
c0011862_1554276.jpg

アートディレクター森本千絵さんの「アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話」という本を、タイトルに惹かれて買い、読んでみました。著者は有名な広告やパッケージやCM他をたくさん手がけられている方です。
森本さんは、例えていえば、3つアイデアを持ってこいと言われたら、30個作って来ちゃうような人。学生時代からそうだったよう。努力のレベルが違うなー。もちろん量だけではなく、仕上げの段階では、すごくクールに消費者の目になっている。
そして、人とのご縁をとても大切にしている人でした。

タイムリーにも(今、注目されているという事ですね)、EテレのSWITCHインタビュー達人達「森本千絵×吉本ばなな」が放映されて、動く森本さんもじっくり見れました。
このかわいらしい雰囲気の中に、あのパワーが!
やはり、惜しみのない努力と発想力に感嘆。アイデアをかたちにするのが心底好きで楽しんでいるんだなあ。
ばななさんも、本はほとんど読んでますが(エッセイの方が好き)、直接語られると、より伝わるものがありました。(名字を漢字表記に戻しましたね)
森本さんはもうすぐご出産だそうですが、子育てもきっとクリエイティブに楽しみ、それがまた仕事に反映されていくのかな(直接的な意味ではなく)。楽しみです。

*達人達、今週水曜深夜0時再放送だそうです。
[PR]
by namima54 | 2015-07-05 23:33 | 本/映画/ライブ

「はみだしっ子」

c0011862_19273294.jpg

今回はいきなりマニアックな話です。
昔から漫画好きで、小中高校時代は、話題の少女漫画はほぼ読んでいました。
今も、コミックスが出たら買う漫画家は何人かいるけど、守備範囲はだいぶせまくなった。
で、子供時代に夢中だった漫画に、三原順(敬称略)の「はみだしっ子」がある。(画像の本は、最近発行されたものです)
三原順は、1995年に42歳の若さで亡くなったのだけど、その没後20年展「三原順復活祭」があると知り、当時のはみだしっ子ファンの友人を誘って、行ってきました。お客さんの年齢層、高し!笑
会場は、明治大学の米沢嘉博記念図書館。三原順の私物や付録、原画などが並んでました。なつかしー!!
私は、三原順のファンというよりは、「はみだしっ子」という漫画のファン。4人の家出少年たちが主人公で、台詞がかなり理屈っぽく、連載当時は子供なのでよく理解できなかった部分も、成長して読み返すたびに理解が深まり、新たな発見があった。キャラクターの魅力や、心理描写やそれぞれの葛藤にもひきつけられた。「ここで終わり!?」なラストに、当時は唖然としたものです。今でも続きが気になるけど、もう永遠に続きはわからない…。

「はみだしっ子」が雑誌「花とゆめ」に連載されていたのと同時期に、「ガラスの仮面」「スケバン刑事」「パタリロ!」等も連載されていて、当時の花とゆめは勢いあったなー。ガラかめやパタリロは、いまだに連載が続いてるところがすごい…。この年になってもまだ、紅天女の決着がついてないとは思わなかったわ。


と、ここまで読んでくれた人がどれくらいいるかわからないけど…(笑)
ちなみに、今買ってる漫画は、「海街Diary」「大奥」「きのう何食べた?」「百鬼夜行抄」「秘密」「3月のライオン」「花に染む」「聖☆おにいさん」「重版出来!」「風雲児たち 幕末編」などです。大島弓子、高野文子、岩館真理子も出たら買う。けっこうあるな。
今、漫画友達がいないので、趣味が近い人いたら手をあげて!
[PR]
by namima54 | 2015-05-19 09:33 | 本/映画/ライブ

アコラライブ

お友達のアコーディオン弾きの岩城里江子さんと、
コラという楽器を弾く坂入ヤスヒロさんのデュオ「アコラ」のライブに行ってきました。

コラは初めて見ましたが、アフリカの楽器で、弦がたくさんあってハープに近いです。
アコーディオンとコラの音が、合うのですよね。
しみじみ聴き入りました。
c0011862_2242883.jpg


そのあと話題の、シチズン“LIGHT is TIME” ミラノサローネ2014 凱旋展
@スパイラルホールへ。光のインスタレーション。
キラキラ光っているのは、懐中時計の部品です。
星屑に包まれて、美しく不思議な空間でした。
好評につき会期延長だそうで、28日まで。

c0011862_22746.jpg

この写真だと、よくわかりませんね〜。現地で体験して下さい!
[PR]
by namima54 | 2014-11-22 22:15 | 本/映画/ライブ

昔の絵本

c0011862_21474091.jpg


笹塚のカフェトホが下のガレージで営業していると聞き、行ってみました。
久しぶりすぎて、お子さんがひとり増えてました!
ガレージでコーヒーとワッフルをいただきながら、ガレージセールを拝見。
とにかく大量に本があるらしく、ただいま整理中だそうで、
この日は古い絵本が出てました。これが、いいのです!!
いろいろある中から選んだのが、この3冊。格安で譲っていただきました♪
手前はマフィン。おいしかった〜。

c0011862_21505522.jpg

「ねずみの嫁入り」中はこんな感じ。たまりませんね〜。

c0011862_21515959.jpg

おひさまに「うちのちゅうこのおむこさんになってください」と言ってるところ。
「ちゅうこ」というネーミングがまた、昔ですね〜(笑)
[PR]
by namima54 | 2014-03-25 21:57 | 本/映画/ライブ
「みんなのコーヒーブック2」(エンターブレイン)というムック本に載りました。

c0011862_13334110.jpg


絵じゃなくて、私が…。
どーん!!!

c0011862_13335875.jpg


うひ〜、お恥ずかしい。
写真も文章も、実際の5割増くらい素敵な私になってます。笑
んと、実際は毎日きっちり同じ時間に飲んでるわけでもないです。
わりと適当。でも、たいてい午前と午後に1杯ずつ。

表紙は、カフェディモンシュ堀内さんのミルコレクション。
一番手前の右側のやつ、うちのとお揃い。
ザッセンハウスので、やはりディモンシュ(dois)で買ったもの。
これ、ほとんど日本に入ってきてないと思うのですが、
偶然、コーヒー好き友達のNさんも同じのを持ってました。

みんなのコレクショングッズのページでも、
カップと缶とおすすめ本をいくつか紹介しています。
どれが誰の紹介だかわかりにくいですが、
私が紹介した本(の中から編集部がセレクトしたもの)は、この5冊。
どれも、お茶時間に気軽に読めますよ。

c0011862_13265455.jpg



***

花粉症はだいぶおさまり、桜は例年より早い開花宣言!
パッと景色がはなやぐこの季節、堪能しなきゃ。
[PR]
by namima54 | 2013-03-18 13:46 | 本/映画/ライブ