イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プチお茶講座

花粉症の症状が出始めてから、約3年。
鼻水が止まらない日は年間で3日くらいだし、「軽い花粉症」程度に思ってた。
そしたら今年!きましたねー。
イオンでブロックするやつを塗ってみたけど、うーん、効いてるんだろか。
ついにマスクデビューかあ。対策を考えないと。
どうか、これ以上悪化しませんように。
免疫力を高めるしかないよなあ。


c0011862_20322697.jpg



そんなわけで、鼻をかみかみ、友人宅へおじゃま。
室内に入ると止まるので、やっぱりマスクは有効なんだろうな。
友人はお茶を習ってるので、プチお茶講座を開いてくれました。
茶杓を動かすのは、けっこうスピードが必要なのね?
「もっと早く!」と言われ、腕に力をいれて必死で動かし、
いや、優雅にたてなくてはと思いかえし、
顔だけニッコリ、腕しゃかしゃか。

あとで「顔はにこやかだったでしょ?」と聞いたら、
「いや、青筋たってた(笑)」とみんなに言われたよ…。
優雅なお茶の道は遠い。


c0011862_20331553.jpg



どこかでお茶をふるまわれた時に、
最低限の作法くらいはできるようになりたいものです。
茶碗をまわすのは、約90度なのね。



   
[PR]
by namima54 | 2011-02-27 12:35 | 日常あれこれ

「ピスタチオ」

梨木香歩 「ピスタチオ」読了。 


c0011862_17521716.jpg



ライターの「棚」は、数々の偶然に導かれ、
アフリカへ渡り、呪術について調べることになる。

土地に伝わる呪術や神話、精霊…。
どこまでが取材にもとづいて、どこまでが作者の創作なのか
わからないほどにリアルに伝わってくる。

棚はいったい、どこへ流されていくのか。
それは、生と死の、壮大な物語。
私はまだ、意味をつかみかねている。
…いや、物語をそのまま受け取ればいいのかもしれない。


図書館で借りて読み、文庫になったら買うつもりだったのだけど、
一読後、これはハードカバーで持っていたいと思い購入した。
装丁、タイトル、内容のすべてが、
手元に置いておきたいと思わせる本だった。



   
[PR]
by namima54 | 2011-02-21 17:54 | 本/映画/ライブ

白いヒヤシンス

昨夜は、東京にも久しぶりにまとまった雪が降った。
とは言っても、1日で溶けてしまう程度の量だけれど。
風景が白く変わるのを見るのは新鮮で嬉しい。

ヒヤシンスの鉢植えをつぼみの状態で買ったら、
あれよあれよというまに伸びて満開になった。
家じゅうに花の香りがただよってる。
来冬は、この球根を水栽培で育てるつもり。


c0011862_22431092.jpg



白のいさぎよさ。
いっそ、何もかも塗りつぶしてしまいたい。



   
[PR]
by namima54 | 2011-02-15 22:50 | 日常あれこれ

友達のこども

c0011862_10195954.jpg



常磐線に乗って、年下の友人Kちゃんちの赤ちゃんに会いに行ってきました。
赤ちゃんはまだ生後半年くらい。
上の男の子が2歳くらいで、最初は人見知りしておとなしかったけど、
慣れてきたらしゃべるしゃべる!
絵本の説明や、おもちゃを持ってきたりして、ずーっとしゃべってた。
本当に楽しそうな顔で笑うので、こちらまで嬉しくなってしまう。

Kちゃんに「節分やった?」と聞いたら、
「うん、パパが鬼のお面をかぶってねえ。すごく怖がってたよ」と。
その会話をかたわらで聞きながら、緊張してるボク。笑
パパだってわかってても、やっぱり怖いんだねえ〜。


c0011862_10201590.jpg



手土産に持っていった、下北ロール
アーモンドを練り込んだしっとり生地にあっさりとした生クリームで、おいしかった♪

Kちゃんちは、家具とか器とか素敵なもんがいっぱいあって、
物欲を刺激された〜!



   
[PR]
by namima54 | 2011-02-14 23:19 | 日常あれこれ
c0011862_12351641.jpg



伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」が文庫化されたので、買って再読。
以前もカンタンな感想書いてますね〜。こちら
うーん、やっぱりおもしろい!
再読して、始めの方に出て来る取材記事を誰が書いたのか気づいた。

首相暗殺の犯人に仕立て上げられ、逃げまわる主人公。
さすがのストーリーテリングと伏線で、最後は爽快感があります…が、
決して予定調和では終わりません。
これぞフィクションの醍醐味!


そして映画は、原作ファンにも評判良かったようで。
青柳に堺雅人、キルオに濱田岳と、配役がうまい!
小説のイメージそのものですよ。
で、DVDを借りてきました。

この長い小説を2時間ちょっとに詰め込むには、
かなりエピソードが削られてるのでは?と思ったけど、
うまーくまとめてました。

ボロボロの古いカローラが出てくるのですが、
あせた黄色と草むらの緑色のコントラストがきれいだった。

とはいえ、やはり小説の方が内容は濃いけど。
どっちも良かった。オススメです。


Golden Slumbers/ビートルズ



   
[PR]
by namima54 | 2011-02-05 12:35 | 本/映画/ライブ

ターコイズブルー

c0011862_11321039.jpg



ターコイズブルーとチョコレートという色の絵の具。
色の名前にひかれて、買ってみた。
そして、この絵の具を使って描いてみたのが、こちら。


c0011862_11322064.jpg

「デコボコ夫婦」

ターコイズブルーは、もうちょっとキツくてナマっぽいかと思ったけど、案外馴染んだ。
チョコレートは、えんじ色に近い。

青色とひとくちに言っても、実際はかなり幅広く、たくさんの種類の絵の具がある。
明るいコバルトブルー、濃く深い群青、さわやかなマリンブルー…。
その中から、自分の好きな青を選ぶので、使う色の絵の具はだいたい決まってくる。
こうしてふだん使わない色の絵の具を使用してみると、自分の絵がちょっと新鮮。




    
[PR]
by namima54 | 2011-02-02 12:06 | 仕事/オリジナル