イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

安達太良山

c0011862_2248587.jpg


週末、福島県の安達太良山(あだたらやま)に登ってきました。百名山。
昨年も行く計画があったのだけど、震災で延期になってました。

近くのキャンプ場にてテント泊。
すごく設備の整ったところで、温泉まで付いてた!
良い天気で、タープを張る必要もなかったけど、一応張る。
そしたら、ごはんを作って、食べ終えた頃に、突然の雷雨!
タープを張っておいて良かった良かった。

c0011862_22491397.jpg


翌日、テント撤収、安達太良山へ。
ロープウェイで上まで一気に上がり、そこから頂上まで1時間半です。
歩き疲れより、蒸し暑さの方がこたえたな。
登山マラソンのイベントの日だったらしく、たくさんのランナーが走ってました。

c0011862_22535848.jpg


頂上は、でべそみたいになってる。クサリを伝って登ります。
あそこ、乳首と呼ばれてるんですよ。でべその方がかわいのにー。

c0011862_22541374.jpg


下山して、日帰り入浴の看板の出てるホテルに入る。
いや〜、快適なお風呂でした!
そして帰途へ。やはり福島は遠い!Hよ、運転ありがとう。

c0011862_22542639.jpg


安達太良山は、原発から約65km。一見、震災の爪痕は見えません。
でも、今でも見えないいろいろな物事と戦っておられると思います。
一日も早い復興をお祈りしています。
[PR]
by namima54 | 2012-08-30 23:01 | 登山/キャンプ

花火大会

c0011862_23214044.jpg


ロバ展も終わり、なんとなく心さみしくしてたところへ、
花火大会のお誘いが。わーい♪
花火大会に行くのなんて、10年ぶりくらいかも?

そんなわけで、多摩川の花火大会を見にいってきました。
何も知らずに行ったけど、世田谷区と川崎市、2カ所同時開催なのね。
私達は、川崎市側上流から、世田谷区の花火を見ました。

c0011862_23215460.jpg


午前中の豪雨も上がり、川と空の風景が気持ちいい。
Yちゃん夫妻が、早くから場所を取っておいてくれて、
打ち上げ場所のはす向かい、一番前の特等席!大感謝!!

c0011862_2324334.jpg


花火が始まると、あまりの迫力に、ぽか〜んと口を開けて見上げてました。
打ち上げ花火って、こんなにいいものだったっけ。
神奈川県民だった頃は、毎年行ってたのになあ(主に鎌倉)。

夏を満喫、大満足でした!
[PR]
by namima54 | 2012-08-19 23:22 | 日常あれこれ

ロバ展終了しました

ロバミュージアム展、終了しました。
お越し下さった皆様、どうもありがとうございました!!

c0011862_9132463.jpg

(↑クリックすると大きくなります)

キャンバスに絵を描いた上に、
何か異素材をプラスしたいなと思い、
真鍮で月と星を切って、貼り付けてみました。

芳名帳を見れてないので、もしいらして下さった方がいたら、
感想をメール下さると嬉しいです!

c0011862_8534124.jpg


タンバリンギャラリーの入口には、ロバのフラッグが。
期間中、何度かギャラリーに顔を出しました。
オープニングや週末は、大盛況でした。
こちらの写真は、平日お昼すぎの静かな時間に撮ったものです。

c0011862_8541917.jpg


私の作品は、入って右側すぐ。

c0011862_8535459.jpg


壁面を埋め尽くす、ロバ、ロバ、ロバ・・・

c0011862_854860.jpg


ギャラリースタッフの皆様、
マイスターやロバ仲間の皆様も、
ありがとうございました!
参加できて嬉しかったです。

c0011862_854494.jpg

[PR]
by namima54 | 2012-08-13 08:57 | 仕事/オリジナル

ロバミュージアム2012

上げます。
ロバミュージアム展も折り返し地点。
平面から立体から、さまざまなロバがいて、充実してます!
私の作品は入口付近にあります。
在廊日は未定ですが、「行くよ〜」って方は声かけて下さい。
展示の様子はこちらにチラッと。


c0011862_20505173.jpg


ロバミュージアム2012」に参加します。
7/31(火)〜8/12(日)月曜休み
11〜19時(最終日は〜18時)
タンバリンギャラリー(外苑前駅・千駄ヶ谷駅)

<ロバマイスター> 
城芽ハヤト/川島小鳥/しりあがり寿 /宇野亜喜良/tupera tupera(ツペラ ツペラ)/高橋キンタロー
<ロバ仲間>
青山タルト 浅野泰弘 石橋淳一 宇佐美朋子 越前菜都子 榎本マリコ 大津ゆかり オオマエメグミ 小笠原徹 おがたりこ 岡村祥男 小川かなこ 奥 勝實 鍵元涼 加藤英一郎 河合美波 河村朋美 河本徹朗 北住ユキ 北村佳奈 きゃねこ 久保田寛子 黒坂麻衣 kemonoya 小 巻 斎藤美奈子ボツフォード 斉藤康貴 S a j i /サジマミキ 佐瀬麻友子 佐藤周作 サノアツコ 佐原苑子 椎木彩子 塩井浩平 Shigemi Nakamura-Simms 清水寿久 清水沙 しらさわちさと シーノ・タカヒデ スガミカ すぎやましょうこ スタジオペケペケ そで山かほ子 竹松勇二 玉村ヘビオ 田守実夏 筒井早良 寺田順三 寺田智次 天明幸子 仲地のぶひで 中村菜都子 中村桃子 那須慶子 二宮佐和子 林宏之 原優子 ハラシマアツコ handmade kind 平野達郎 弘田ひろえ 藤井恵 古矢瞳 本田晴子 先斗ポン太 前原節子 MAKOオケスタジオ 真舘嘉浩 町田七音 松井有希 まつもとやすたか Mamedori まゆみん mur 美結 水沢そら ミヤタチカ 村井和章 籾山由美 森健司 やまぐちめぐみ 山下以登 山田雨月 山福朱実 YOSHiNOBU( ヨシノブ) 若林夏 渡部麻由美 /沢田としき(友情出品)

豪華メンバーに混じっての参加、嬉しドキドキです。
それぞれが、30cm角のキャンバスにロバを表現します。
キャンバスは厚みがあるので、横にも絵を延ばせるのがおもしろい。
せっかくの展示なので、いつものタッチにプラスαしてみました!

私の在廊日は未定ですが、ご連絡いただければ参ります。
DMご希望の方も、メール下さい。

私自身も楽しみな企画です。是非いらして下さい。
[PR]
by namima54 | 2012-08-07 11:48 | 展覧会

妙高連峰・火打山その2

c0011862_153718.jpg


テント場を出発。湿原をぐるりとまわり、振り返ると、山小屋とテント場(右)が見える。

c0011862_15115558.jpg


少し登ると、雪がけっこう残っている。
でも、山の上とはいえ、昼間は暑い。
夏の気温なのに、目の前に雪があるのは、なんとも不思議な光景。

c0011862_1534759.jpg


天狗ノ庭。湿原にたくさんの花が揺れている。
山の上に、こんな美しい場所があったとは!

c0011862_153284.jpg


c0011862_154872.jpg


それにしても、暑くてだいぶヘバり気味。
このへんまで来ると木陰もないので、かなり体力を消耗してます。
雪渓から吹いてくる風が、ひんやり気持ちいい〜。

c0011862_154184.jpg


ヨレヨレになって、テント場へ戻り、ちょっと昼寝してビールと夜ごはん。
疲れたからだにビールがうまい!
夜にはだいぶ気温が下がり、上着がないと寒いほど。よく眠れました。

c0011862_1543545.jpg


翌日は来た道を下山。石ゴロゴロの急坂は、登りより下りの方が大変。
今回の疲れは、歩きより暑さの方が大きかったかも。
でも、夏山のあの雰囲気は、夏じゃないと味わえないのよね。
[PR]
by namima54 | 2012-08-03 21:14 | 登山/キャンプ

妙高連峰・火打山その1

c0011862_1441211.jpg


約3ヶ月ぶりの登山。週末に、Hに連れられて妙高の火打山へ登ってきました。
金曜日の夕方に車でこちらを出発、夜遅く駐車場に到着。新潟県なので、遠い!
車中泊(寝づらい)。翌日、早朝出発です。

c0011862_1441336.jpg


緑の中を木道がずっと続く。緑が濃いのは、夏山ならではです。
鳥がずっと鳴いている。

c0011862_14414268.jpg


しばらく歩くと、沢に到着。小さな滝が美しい。川の水は冷たくておいしかった。

c0011862_14415129.jpg


木階段をずっと登り、そのあとは石ゴロゴロの急坂を登る。

c0011862_1442311.jpg


だいぶ疲れた頃、高谷池の山小屋に到着!三角屋根でかわいい。
我々は、その近くのテント場にテントを張ります。

c0011862_14421662.jpg


山小屋やテント場の前には湿原が広がり、花がたくさん咲いている。
その向こうに火打山が見える。
お昼ごはんを食べて、荷物を減らして、火打山へ。続く。
[PR]
by namima54 | 2012-08-02 15:27 | 登山/キャンプ