イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マグリット展

c0011862_22133376.jpg

学生の頃好きだった、マグリット。少し懐かしい気持ちで、マグリット展を観に行ってきました。
国立新美術館、6/29まで。そのあと京都に巡回です。

ベルギーの画家、ルネ・マグリット。
シュルレアリスムに傾倒し、不条理な世界を描くようになるマグリットですが、第二次世界大戦中は、絵柄がいきなり明るくなるのです。暗い時代の反動かしら。
画風、迷走してる…?と思ってると、戦後はシュルレアリスムに回帰して、数々の有名な傑作が生み出されていきました。

シュールな世界観、やはり今でも好きでした。物語性を感じます。
眺めていると、どこか不安定な気持ちにさせられ、でも目をそらす事ができません。
[PR]
by namima54 | 2015-05-22 09:14 | 展覧会

「はみだしっ子」

c0011862_19273294.jpg

今回はいきなりマニアックな話です。
昔から漫画好きで、小中高校時代は、話題の少女漫画はほぼ読んでいました。
今も、コミックスが出たら買う漫画家は何人かいるけど、守備範囲はだいぶせまくなった。
で、子供時代に夢中だった漫画に、三原順(敬称略)の「はみだしっ子」がある。(画像の本は、最近発行されたものです)
三原順は、1995年に42歳の若さで亡くなったのだけど、その没後20年展「三原順復活祭」があると知り、当時のはみだしっ子ファンの友人を誘って、行ってきました。お客さんの年齢層、高し!笑
会場は、明治大学の米沢嘉博記念図書館。三原順の私物や付録、原画などが並んでました。なつかしー!!
私は、三原順のファンというよりは、「はみだしっ子」という漫画のファン。4人の家出少年たちが主人公で、台詞がかなり理屈っぽく、連載当時は子供なのでよく理解できなかった部分も、成長して読み返すたびに理解が深まり、新たな発見があった。キャラクターの魅力や、心理描写やそれぞれの葛藤にもひきつけられた。「ここで終わり!?」なラストに、当時は唖然としたものです。今でも続きが気になるけど、もう永遠に続きはわからない…。

「はみだしっ子」が雑誌「花とゆめ」に連載されていたのと同時期に、「ガラスの仮面」「スケバン刑事」「パタリロ!」等も連載されていて、当時の花とゆめは勢いあったなー。ガラかめやパタリロは、いまだに連載が続いてるところがすごい…。この年になってもまだ、紅天女の決着がついてないとは思わなかったわ。


と、ここまで読んでくれた人がどれくらいいるかわからないけど…(笑)
ちなみに、今買ってる漫画は、「海街Diary」「大奥」「きのう何食べた?」「百鬼夜行抄」「秘密」「3月のライオン」「花に染む」「聖☆おにいさん」「重版出来!」「風雲児たち 幕末編」などです。大島弓子、高野文子、岩館真理子も出たら買う。けっこうあるな。
今、漫画友達がいないので、趣味が近い人いたら手をあげて!
[PR]
by namima54 | 2015-05-19 09:33 | 本/映画/ライブ

那須の休日

c0011862_10124995.jpg

GWもそろそろ終わりですね。
あまり世間の休みとは関係ない暮らしをしていますが、連休後半には那須へ、キャンプ&トレッキング&カフェの旅に行ってきました。
考えてみたら、那須って昔から縁があるのですよね。子供の頃は、父の会社の保養所があるので何度か行ったし、20代の頃は、バイト先の上司の山小屋があったので部署のみんなと何度も行ったし、その後は、shozo cafeとトレッキングをくっつけて行ってます。

まずは、NASU SHOZO CAFE(山のカフェ)へ。連休だしお昼時だしで、超混んでました。
テラス席に案内されて、おいしい(ホントに!)ピザトーストとコーヒーをいただきました。新緑が美しい。

c0011862_1013232.jpg

キャンプ場へ移動、テント設営。
そして、車で黒磯へ。SHOZOの古家具店やら生活雑貨店などを見て、1988 SHOZO CAFE(町のカフェ)で再びお茶。遠くからわざわざ来る人も多い、いい店なのです。

キャンプ場に戻り、夜ごはんを作って食べて飲んで、寝る。

c0011862_10133943.jpg


翌日。テント撤収、塩原の方へドライブ。景色が気持ちいい。
「塩原渓谷歩道」という看板があったので、行ってみました。

c0011862_1014538.jpg

吊り橋を渡り、留春の滝を見て、渓谷の横を通って山を登る。
展望台まで1時間もかからないコースなんだけど、けっこう急で、疲れました。
新緑に陽があたってキラキラ。今が一番、トレッキングにいい季節かも。

c0011862_10142521.jpg

ヤシオツツジが咲いています。

c0011862_10144153.jpg

下山して、そのへんの温泉へ。すいてて、露天風呂が気持ち良かった〜。
そして帰路へ。羽生PAで夜ごはん。
ここ、池波正太郎の「鬼平犯科帳」をテーマにした江戸の街になってます(上りのみ)。
食べ物屋も、どこもおいしそう。鬼平犯科帳に出てくるという、しゃも鍋をおごってもらいました。

c0011862_1014528.jpg

[PR]
by namima54 | 2015-05-09 12:59 | 登山/キャンプ