イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

福利厚生倶楽部が年6回発行している情報誌「F.U.N.」の、表紙の一部に使われるイラストを描いています。
2年目に入り、パソコン着色からマーカー着色へ、プチリニューアルしました。

2016年 初秋号

c0011862_20021929.jpg

c0011862_20022246.jpg


2016年 夏号

c0011862_20022682.jpg

c0011862_20022828.jpg



2016年 春号


c0011862_20022997.jpg

c0011862_20023178.jpg





ーーー
ようやく、シン・ゴジラ観ました。想像以上にリアルだった!どこまでがCGなんだろう(渋滞シーンとか)。エンドロールまで、野村萬斎のこと忘れてた。





.



[PR]
by namima54 | 2016-09-30 20:53 | 仕事/オリジナル

「木々との対話」

いっせいにキンモクセイの香りがただよい始めた日、上野の東京都美術館にて、「木々との対話ー再生をめぐる5つの風景」展を観てきました。
会館90周年記念展。出展作家は國安孝昌、須田悦弘、田窪恭治、土屋仁応、船越桂(敬称略) 10/2まで

c0011862_09303795.jpg

5人の作家による、木を素材とした彫刻やインスタレーション。
メインビジュアルに使われている鹿の神々しさに惹かれて観に行ったのですが、いやもう、どれもすばらしかった。

土屋仁応氏の動物や幻獣。撮影可です。
フライヤーやポスターになってる鹿。美しい。

c0011862_09303954.jpg

羊。
どの作品も、細部まで圧巻です。

c0011862_09304264.jpg

國安孝昌氏の、丸太とレンガを使ったインスタレーション。組み立てるのに、どれほどの時間がかかったのだろうか。
前に立つと、異世界に来たような不思議な感覚におそわれる。全体の流れるラインやリズムが心地良くて、けっこう長いこと眺めていました。

c0011862_09304398.jpg

須田氏の植物はさりげなくあちこちに。田窪氏のオブジェはキリスト教のイコンのよう。舟越氏の彫刻は静謐で美しく…。じっくり拝見しました。

パークサイドカフェでひと休み。甘いもの補給。

c0011862_09335982.jpg





.


[PR]
by namima54 | 2016-09-28 09:41 | 展覧会

最近のあれこれ

ちょっとお久しぶりです。いろいろやる事が重なってました。
最近のあれこれ。

9月頭には、毎夏恒例?横浜・弘明寺のYちゃんちの広ーいテラスでイラスト仲間と飲み会。
心地よい夜風が吹いてました。
このへんは生まれ育ったテリトリー内(3駅隣)で、実家はもうないのに、なぜか来る機会はけっこうある。縁があるんだな〜と思う。

c0011862_21241172.jpg


雨続きで久しぶりに晴れた日には、高尾山へ。お詣りがメインで、山歩き少々。
光の反射がきれい。

c0011862_21242818.jpg


やまぐちめぐみ展「いつかみたあのこ」へ。高円寺アムレテロン。古本と手紙まわりのものをあつかう素敵な店。店主さんとはちょっとした知り合いで、伺うのは開店当初ぶり。
ギャラリーではなくお店なので、部屋に飾るように展示されています。
店主ぶんちゃんはめぐみさんと親しかったので、いろいろお話が聞けて良かった。
めぐみさんがお星さまになってから、親しい仲間たちが作品を管理、こうして今も原画を見る事ができています。それって、作品の良さはもちろんだけど、まわりの人達にすごく愛されていたんだなあと思う。
画像のお菓子は、めぐみさんの働いてた食堂の後輩の方がめぐみさんのイメージで作ったもので、上のカップケーキは生前アムレテロンに差し入れたものの再現だそう!
19日まで。

c0011862_09174831.jpg




.





[PR]
by namima54 | 2016-09-16 09:20 | 日常あれこれ