イラストレーター河合美波/namimaの、こんな日々。  *このブログに掲載されている写真・イラストを無断で使用することを禁じます。


by namima54
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カミーノ巡礼コンサート

友人でアコーディオン奏者の岩城里江子さんが、スペインのカミーノ巡礼の旅から帰ってきてからもう1年。
700キロの道を33日間かけて歩く日々は、フェイスブックでリアルタイムで美しい写真とともに報告されていたのだけど(便利な世の中だ)、すばらしく濃い体験だったよう。その後の心境の変化も大きかったらしいけど、なかなかゆっくり話を聞く機会がなかったのが、このたびカミーノ巡礼コンサートをひらくと知り、聴きに行ってきました。


c0011862_19351522.jpg


会場は、千葉県流山市にある築130年の蔵、ギャラリー平左衛門。東武アーバンパークライン(別名東武野田線)に乗って、運河という名の駅で下車。ちょっとした旅でした。
蔵の横の茶房でランチを食べたあと、午後の部のコンサートが始まります。巡礼の写真を見ながらのトークは、臨場感たっぷり。ところどころで演奏されるアコーディオンとギターの音色にじんわりします。
途中休憩は、お庭の竹林で、ギターの音色を聴きながらお茶とスペインのお菓子ポルポローネを。この時間も良かった。
旅路は、各国の人々と出会って仲良くなったり、時にはひとりになりたくなったり、くじけそうになったり、吹っ切れたりと、大きな物語のようでした。1年たった今の心境は、「何が起こっても結局同じ。違いは解釈と見えてる世界の大きさだけ」だそう。
そうかもしれない、でも真に実感するのはなかなか難しい、深い言葉です。


c0011862_19352908.jpg


ギャラリー平左衛門の前は、駅の名のとおり、運河です。もっと人工的な川を想像してたけど、のんびりとしたいい川でした。
この近くにはコウノトリがいるらしいけど、帰りに見に行くのを忘れた〜。
ご一緒した友人と、柏でごはんを食べて帰りました。


c0011862_19345260.jpg







.





[PR]
# by namima54 | 2017-10-02 11:00 | 本/映画/ライブ

長野旅その2/松本

3日目。ホテルをチェックアウト、松本へ向かう。
軽井沢駅からしなの鉄道で篠ノ井へ、JR特急ワイドビューしなのに乗り換え、約2時間。
レトロで短い車両編成のしなの鉄道、車窓からは山々や畑や時々あらわれるのどかな町や。今回、一番旅情をかきたてられたのは、この電車旅だな〜。遠くの知らない土地の電車っていいね。ひとり旅の良さを思い出しました。


c0011862_21311930.jpg


松本には何度か来てるのですが、ひとりで歩くのは初めて。川が街の中心を流れ、山がぐるりとかこむ城下町です。


c0011862_22251714.jpg


まずは老舗の洋食屋、おきな堂へ。レトロでいい雰囲気です。


c0011862_22262345.jpg


ハンバーグランチで腹ごしらえをしたあと、松本城へ。建築当時のまま保存されています。
若い頃にも来たはずだけど、内部をもうすっかり忘れてる。6層あり、階段の位置を階によって変えており、変化があっておもしろい。階段はかなり急なので、興味のある方は足腰が元気なうちに是非。


c0011862_22363712.jpg


最上階からの眺め。戦国〜江戸時代の人もここからあの山々を眺めたり、いくさをしたりしてたのね。


c0011862_22381302.jpg


街中をぶらぶら。
一番好きな、中町通り。蔵造りの家が残っています。うつわなどの工芸の店を見て歩きました。


c0011862_22453248.jpg


ラボラトリオは、現代作家の生活雑貨が並び、カフェコーナーもある素敵な店。


c0011862_22481895.jpg


しかし、帽子を忘れたのは失敗!暑い中、直射日光の下を何時間もぐるぐる歩き回って、けっこう疲れた。
こうして、3日間の長野旅は終わりました。


c0011862_22555002.jpg


松本の自分土産に、開運堂の「白鳥の湖」を。
ポルポローネや落雁に似た、口の中でほろほろととろけるクッキーです。
ちなみにコーヒーの入ってるうつわは、20年くらい前に松本クラフトフェアで購入したもの。





.
















[PR]
# by namima54 | 2017-09-26 19:15 | 旅行
先週、年下の友人Mちゃんの結婚式が軽井沢であり、せっかくなので2泊してきました。


c0011862_23321749.jpg


一日目は、友人夫婦の車で、東京を早朝出発→軽井沢の丸山珈琲(ハルニレテラス店)で作戦会議→上田へ。台風が来てたのでどうなる事かと思ったけど、日中はやみ、ピークは夜中でホッ。上田まで車で1時間半、思ったより遠かった。早朝から運転のSちゃん、長距離すまぬ、ありがとう。

上田のビストロ「Fika」でランチ。元自転車屋を改装したそうで、渋カッコいい店内。私はオイルサーディンのオープンサンドを注文。すごくおいしかった!


c0011862_23450302.jpg


そのあと、北欧家具ハルタの倉庫へ。広い!たくさん!
北欧家具は憧れだけど、値段もサイズもでかい。いつか欲しいな〜。


c0011862_23451899.jpg

リサ・ラーソンやリンドベリの陶器も!無造作にガラス戸棚に置かれてます。


c0011862_23453070.jpg

そして軽井沢のホテルへ。

2日目は、いよいよ結婚式!
台風が危ぶまれたけど、夜中のうちに雨風は去り、すばらしいお天気に恵まれました。
そこは、森の中にホテルや教会やレストランが点在していて、木々のあいだをマイクロバスで移動するという、素敵な場所。
石の教会 内村鑑三記念堂での挙式でした。
ウエディング姿のMちゃんに感涙!おめでとう!幸せになってね。
教会は石のあいだから光がさしこむ複雑で美しい造りで、牧師さまのお話もあたたかく、いい式でした。
教会内の写真はこちらをどうぞ。


c0011862_00051072.jpg


後ろが石の教会。

レストランへ移動、新郎新婦が来るまで、森の中のテラスでシャンパンをいただきながら待ちます。うーん、いちいち素敵。時間が来たのでレストランに戻り、新郎新婦を迎え、挨拶、乾杯!


c0011862_00085212.jpg

こちらはオードブル。6つの石の上に、小さなお料理が乗っていて、石を持っていただきます。美しく、どれも凝ったお味!
そのあと出て来るお料理も、どれも素敵でおいしくて、おなかいっぱい、満足満足。
心のこもった、とてもあたたかい式と食事会でした。

夜まで時間があいたので、友人夫婦と、万平ホテルの喫茶室へ。クラシカルで素敵です。


c0011862_00125065.jpg


そのあと、別荘地や旧軽井沢のあたりをブラブラ。
ホテルへいったん戻り、夜は、宿泊組の新郎新婦&我々で、地元民(おそらく)でにぎわう焼き鳥屋へ。初対面の新郎さんともおしゃべりできて良かった。

翌日はそれぞれ別行動なので、ホテルの廊下でおわかれ。おやすみ。







.




[PR]
# by namima54 | 2017-09-25 09:49 | 旅行

陶のブローチ

陶芸サロンで作った作品が、できてきました!
うまくいったのは、ブローチやストラップにする予定。

c0011862_19162596.jpg






.


[PR]
# by namima54 | 2017-09-04 19:17 | ものづくり
地方の大学病院の本のカバーのお仕事をしました。
2件並行してご依頼されて、どちらもこのような構図をご希望だったので、似た絵柄になりました。
発行所・バリューメディカル 発売元・南々社 A4サイズ

「福井大学病院の得意な治療がわかる本」

c0011862_14103465.jpg


「あなたの健康のためにー島根大学医学部付属病院の最新治療」

c0011862_14112749.jpg

オビが付くと、こんな感じ。


c0011862_14115671.jpg


私はなかなか行く機会のない場所ですが、お近くの方は、参考になさって下さい。







.


[PR]
# by namima54 | 2017-09-01 14:19 | 仕事/オリジナル

保護者向け冊子のお仕事

c0011862_09370593.jpg


ベネッセコーポレーションの進研ゼミ中学講座の、保護者向け冊子の特集イラストを描きました。


c0011862_09382037.jpg

線画にデジタルで着色しています。



ホームページ namima illustration





.




[PR]
# by namima54 | 2017-08-22 09:42 | 仕事/オリジナル
c0011862_13212027.jpg


翌日(8/5)。晴れた!
テント撤収、キャンプ場の近くの角間山へ。


c0011862_13212597.jpg



ここは、猿飛佐助が修行した山だそう。

c0011862_13212878.jpg


夜に雨が降ったので、湿度がすごい。
暑くて蒸してて、登り始めが一番きつかった。



c0011862_13213399.jpg


アサギマダラ。蝶がたくさん飛んでます。


c0011862_13213524.jpg



花も多く眺めも良く、すごくいい山だけど、あまり有名じゃないので、人が少ない。
我々の他には、1組(2名)しかいなかった。



c0011862_13213701.jpg


赤いきのこ。


c0011862_13214012.jpg



登頂。嬬恋のキャベツ畑が見えます。
登り1時間25分。
昨日同様、ほとんど休みなくてくてく登ったので(途中の東屋でも、カメラ持ってうろちょろしてた)、コースタイムより早い!スクワット効果か。これまでの私じゃないわあ。



c0011862_13214246.jpg


下山。下りの方が疲れる。体重かかるしね。
やはり、もっと鍛えないとだめだなあ。
たいらなとこで、調子に乗って小走りになり、ごろんとすっこけて草に頭をつっこむ。うう。


c0011862_13214410.jpg


夏の雲がもくもく、緑と影は濃く、いい山だったな。
登山口にある宿の温泉で汗を流す。古くて味のある渋い温泉でした。










.


[PR]
# by namima54 | 2017-08-17 19:01 | 登山/キャンプ
画像が粗かったので、差し替えました。1点追加。8/13

c0011862_11534527.jpg


8/4-5に、早めの夏休みをとり、キャンプ&トレッキングに行ってきました。
1日目は、湯ノ丸の篭の塔山(篭の登山)へ。浅間連峰のはじっこです。


c0011862_11535419.jpg



花がいろいろ咲いています。


c0011862_11540555.jpg



登っていて気づいたのだけれど、いつもより全然疲れない。
最近、スクワットを一日30回やってたのですが、その効果か!


c0011862_11541709.jpg



まあ、ふつうの登山者には、なんてことない山ですが。
日頃、運動不足の身としては、てくてく登れて感動。すごいぞ、スクワット。


c0011862_11542758.jpg


登頂!
登り45分。


c0011862_11543694.jpg


このへんの山の風景は、ヨーロッパっぽく見える。
隣の西篭の塔山へも行きたかったけど、雲(ガス)が出てきて雨が心配なので、下山。


c0011862_11545283.jpg



c0011862_11550305.jpg


おなじみの鹿沢高原キャンプ場へ。今回は角地。
テントやタープを張って、ビールを飲みながらのんびりしてたら、雨が降ってきた。
敷地内のホテルの温泉に入って、雨音を聞きながら夜ご飯作って食べて、おやすみ。










.




[PR]
# by namima54 | 2017-08-11 13:28 | 登山/キャンプ
c0011862_14030651.jpg

イラスト専門誌の「イラストノート」No.43 (誠文堂新光社)の、イラストレーター209人の仕事特集、p152に掲載されています。
代表的なタッチを集めてみました。

c0011862_14033252.jpg

これと連動して、Web「クリエイターズ・バリュー」にも作品を載せています。
私のページはこちら☆






.

[PR]
# by namima54 | 2017-08-02 14:13 | 仕事/オリジナル
c0011862_20355460.jpg

インドにある小さな出版社、タラブックス。
ネットでこの表紙を見かけた時、以前見せてもらったことがある魚の絵本を思い出した。
それは、手透きの紙にシルクスクリーンで刷られた手作りの外国の絵本で、色も手触りもとても美しかった。それと同時に、そんなに手間ひまかかる絵本が世界に流通してることが不思議だった。
そしてこの本はまさに、その絵本を作っている出版社を取材した本でした。

美しいハンドメイド本は今や世界中から注目され、増刷の注文もたくさん来てるけど、手作りで作ってるからそう早くは作れない。かといって、人を増やすつもりはなく、あえて「小さくあること」を選択してるのだそう(取材当時17人)。社員それぞれに気を配れる人数。働く人々がインタビューで「ここは家族みたいなもの」と答えていたのが印象的でした。
大きい会社だからできる事もあるけど、小さいからこそていねいに誠実に進められる、そういうやり方もいいなと思いました。
年内に、東京でもタラブックスの展覧会が予定されてるそうですよ。楽しみ!

「タラブックス」(玄光社)著者/野瀬奈津子・松岡宏大・矢萩多聞



.


[PR]
# by namima54 | 2017-07-26 20:37 | 本/映画/ライブ